【株式投資の嘘】③チャートを読めば株が上手くなる!!は嘘?!

 

 

こんばんは\(^o^)/

本日で第3弾目となる、【株式投資の嘘】シリーズ。今回は「チャートを分析せよ」の嘘を暴きます!

 

■チャートを読めば株が上手くなる!!は嘘?!

株式投資をしていると、必ずハウツー本には「チャートの見方」が書いてありますよね?赤三兵やらカップウィズハンドルやらゴールデンクロスやらロウソク足がどうのこうの…。←こういう書き方をしている時点で私がいかにチャートに興味が無いかおわかりいただけましたねw

簡単にファンダメンタルズとテクニカルという投資スタイルを説明すると…

「ファンダメンタル投資」→企業価値に注目

「テクニカル投資」→株価(チャート)に注目

というものです。

株式投資を最初に始めた頃、それこそ「チャートを読めば次の動きがわかる!」とかなんとか本に書かれていたので、少し勉強しましたが、実践において本当に役立ったのは私の場合「ファンダ」一択でしたw チャートなんて読み解いて株を売買したことは皆無ですw実際、ロウソク足に注目して、「次の日上がるかも~」なんてワクワクしていても、次の日見事下げてくれたり、ゴールデンクロスがもうすぐで形成される!と期待してもなかなかされなかったり、赤三兵に至っては「なんのこっちゃ」でしたw さらにいうと、テクニカル分析はマーケットの変化には対応しきれていないため、今回みたいに「トランプ発言」などというものがマーケットの上げ下げを決める場合、さっぱり当てになりませんよね。チャートはあくまで、その企業の株の動向のみで作られているので、突発的な市場の変化を予測できるものではないです。

というわけで、「チャートを読めば株が上手くなる!!」の結論は独断と偏見で「嘘!」という結果になりましたw 本当に10年株式投資をしてきましたが、未だにチャートの事は素人同然レベルでしか分かりませんが、結果は「株式投資の成功」となりました。(【独り言】貯金40万円を信用取引を使って2000万円にした時の話参照)おそらく、今回のGNIもチャート分析一切無しで成功することでしょう!(希望的観測w)

それではまた(・∀・)

ウォーレン・バフェット「株ではまずビジネスをそれ自体に注目することです。多くのプロの投資家や学者たちが、毎日の株価に一喜一憂しています。しかし、株価やマーケットの動向を、毎日、毎週、毎月追うことで、投資が成功するとは、私は考えていません。株は、そのビジネスの一部でしかないからです。注目すべきは、株価ではなく、事業そのものでなくてはなりません」


 



※注意事項※ 株式投資は自己責任です。私のブログは株式投資やGNIへの投資を勧めるものではなく、またGNIの株価を保証するものではございません。決して私の戯言を鵜呑みにはしないでください。

【結果報告】JPモルガン証券が空売り増し増し☆

 

本日(2019/06/11 火)の保有株の状況→含み損益-33,841円

 
 

こんにちは\(^o^)/

GNI続伸ですね(・∀・)ま、あまり期待せずとりあえず3000円台回復する日を待ちましょう!それにしても、重い!!wもう少し軽やかに上がらないものかと、調べてみると、
JPモルガン証券がしばらく空売り増し増ししていますねw(空売りネット) そりゃ重いはずです!!とは言え、機関の空売りで怖いのは、空売りを増し増ししている最中が怖いのであって、いつまでも空売り増し増しし続けるのは不可能です。そこで一段落すると彼らは買い戻しという作業に入りますので、出来高減少の今、どのように買い戻ししていくのかが見どころとなりますw いやー、株って本当に面白いですねw

とりあえず、こういう時は私のような弱小個人はこんな低い位置で右往左往しても仕方がないので、機関様の独り劇場を傍観しておくのみ!

それでは、また(・∀・)

 

株式投資格言「買いたい弱気 売りたい強気」

これから上がると思うので買いたいが、少しでも安く買いたいために下がってほしいと弱気な相場感を持つことをいうそうですが、まさにGNI狙いの人は今この真っ只中かな??この格言の最終的な意味は、買うと決めたら買う、売ると決めたら売ることが大事であるということらしいです!ちなみに私はいつでも買いたい強気ですw


 


 
※注意事項※ 投資は自己責任です。私のブログは株式投資やGNIへの投資を勧めるものではなく、またGNIの株価を保証するものではございません。

【株式投資の嘘】②株式投資の格言『見切り千両、損切り万両』は嘘?!

 

 

こんばんは\(^o^)/

株式投資を始めた頃、ハウツー本なんて読み漁った時、よく「損切りこそ、株式投資の利益をあげるコツ!」みたいな事が書かれていた事を覚えています。といいますが、タイトルにあるように、格言でもそう言われているんですよね。では、損切りができるからって、本当に株式投資は成功するのでしょうか?!

■株式投資の格言『見切り千両、損切り万両』は嘘?!

結論から言うと、嘘でしょうw ただし、前提があります!「5年先、10年先を見据えると今の株価が割安だと判断できる優良企業の銘柄をその時の適正価格の範囲内で買っている場合、損切りは不要」ということです。前提、長っ!!w もう、今は他の銘柄の事を勉強していないので、GNIを例えにして説明します。

GNIの時価総額は現在約379億円です。そして、2019年12月の売上高予想は71億円、2020年12月の売上高予想は90億円とされています。これはおそらくアイスーリュイ単体での売上のことだと思われます。しかし、アイスーリュイの適応症範囲は拡大されており、現在保険収載されている『突発性肝線維症』の他に『統合組織疾患を伴う間質性肺疾患』『放射性肺疾患』『糖尿病尋腎症』『じん肺』があり、いずれかの治療薬として販売される時には、売上はますます上がっていくでしょう。安全性はアイスーリュイがすでに販売されていることから、心配ないため、あとは薬の量と効果の治験になるだけだと思うので、販売が難しいという結果にはならないと個人的には予想しています。さらに、肝線維症治療薬F351というブロックバスター薬が、中国の臨床試験において良好な結果を得ているという報告もあり、米国でもすでに第2相臨床試験の準備を進めていて、もしこれが中国や米国で上市すれば、世界初の治療薬となるそうで、現時点での販売ならばGNIが独占なのかな?ちなみに全世界での「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」と「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」のトータル市場規模は350億ドル(1ドル100円とすると3兆5000億円!)とされているようで(2016年のGNI決算資料より)、F351がどの治療薬となるのか素人の私にはわかりかねますが、とてつもない規模の市場に挑んでいる事は確かなようです!

となると、現在の379億円という時価総額は5年~10年先をみると、あまりに割安に感じます。もし、F351が中国と米国で販売されることになり、売上が「兆」単位になれば、時価総額はいくらになるのでしょう?そう考えると、私にとっては、今の株価は割安であり、含み損をいくら抱えようとも、どんなに緩慢な動きで株価が推移しようとも、損切りという考えにはなりません。

あとは経験の中で、損切りして後悔した話といえば、2012年に大暴落した「SONY」ですが、私1000円以下で買ってました(´・ω・`)でも少し下げてビビって損切りして終わりましたが、現在SONYの株価は5360円。7年経て約5倍達成していますよね。さらに、ソフトバンクは2012年か2013年の3000円台の頃、私買ってました(´・ω・`)孫さんの大風呂敷に乗っかろうとしても、やはり乱高下にビビり、買ってはすぐ手放してで…現在株価は約10,150円。同じく7年経て当時の約3倍。しかし私がソフトバンクから得た利益は0円もしくは損切りしたこともあるのでマイナスw他にも沢山の銘柄に揉まれてここまできましたが、未だに持っている株など一つも無く、そう考えるとやはり順調な企業の株は持ち続けておくことが正解だったと今になってわかりました。数年先を考えることができず、今の株価の上げ下げに右往左往して損切りばかりしている人は成功者にはなれないわけですよね。「今となれば」株価が数倍に上がっている銘柄だって、下げずして上がることなどないわけで、ただの線にしか見えない5年10年チャートを紐解くと、その過程には乱高下を繰り返す日々があるのです。そして、当然その過程を保有し続けた人にはモノ凄い葛藤の歴史があるわけです。

以上の事から、私が出した結論は「5年先、10年先を見据えると今の株価が割安だと判断できる優良企業の銘柄をその時の適正価格の範囲内で買っている場合、損切りは不要」であり、損切り癖をつけると、損失を出すことに慣れてしまって、気が付かないうちに驚くほど現金減っちゃいますよ!w よく「株で負けた!」「株で損した!」と嘆く人がいますが、それは「損切りしたからでしょw」と思います。含み損の場合「負けた」「損した」という表現にはならないでしょうから。

それではまた(・∀・)

株式投資格言「株の儲けは我慢料」

まさに、これ!!


 


※注意事項※ 株式投資は自己責任です。私のブログは株式投資やGNIへの投資を勧めるものではなく、またGNIの株価を保証するものではございません。決して私の戯言を鵜呑みにはしないでください。

【結果報告】GNIは閑散とした1日でした…

 

本日(2019/06/10月)の保有株の状況→含み損益-61,785円

 

 
 

こんばんは\(^o^)/

簡単に結果報告です!日経爆上の中、GNI様は閑散としていましたね(´・ω・`) ま、何かIRが出るまではこんな状態が続くでしょうね!日経平均はこの先、結局はオリンピックに向けて上げていくと思います!オリンピックが近づくと、やはり日本中で気分が盛り上がるので、そんな中、わざわざ悲観的に下げることは無さそうだからです。アバウトな考えでしょw 難しく考えても、正解を導ける人なんていないんです。経済学者でも無理でしょうw 先が読める人がいれば、みんな大金持ちなんですから。

日経がいい感じで来年に向けて上げておいてくれれば、GNIもIRがでた時にあげやすそうですね(・∀・)

あと、東京電力は今日買値で売りました!東電を購入した理由はGNIだけ見てても暇だな~と思って思わず手がでたのですw でも、考え直して、GNIはIRが出るまでに万一2000円付近になった時に買い増しできる資金を確保しておこうと思い、東京電力のポジは外しました。これで、GNIが下げても楽しめるようになりました\(^o^)/

では、また夜な夜な、【株式投資の嘘】パート2を書いてみます!

それではまた(・∀・)

株式投資格言「相場のカネとタコの糸は出し切るな」

『全財産を株式投資に投入したとしよう。下がれば、資金に余裕がないから、買い平均値を安くするためのナンピン買いさえできないことになる。この格言は、そのあたりを警告しているのであるが、そんなことをする投資家はいないだろうと思うのは間違いである。一攫千金を夢見て、集中投資をする人はいる。儲かっているので、調子に乗って買い増しするといけない』ということですので、余力は残しておいた方がナンピンできる楽しみができますよw


 


※注意事項※ 投資は自己責任です。私のブログは株式投資やGNIへの投資を勧めるものではなく、またGNIの株価を保証するものではございません。

【株式投資の嘘】①1000回取引すれば上手くなる!!は嘘?!

 

 

こんばんは\(^o^)/

 

ちょっと、それっぽい事を書いてみようと思います。一個人がたまたまアベノミクスのおかげで成功しただけなんで、「伝授」などおこがましいので、ただのこれまでの経験から得た感想程度に読んで下さいw ちなみに私は素人同然ですので、難しい用語とか使えませんw

■1000回取引すれば上手くなる!!は嘘?!

よく、聞きませんか?「株が上手くなりたきゃ、まずは1000回取引してみろ!」的なこと。私は始めた頃、本を読んで「株式投資の極意」を勉強していましたが、その中に何度か、この「1000回の取引」っていうのを見かけました。ようは沢山取引をしてみて、精神も腕も鍛えろ!という事らしいのですが、ま、そんな事していたら確実に資産は減りますねw 元金が減って、株式投資なんてできなくなりますよw ぶっちゃけ今スイングトレードして成功している人っているのでしょうか?お金を持っている人でスイングしている人は一回の取引額が凄いので、1取引(1売買)あたりでン十万円の稼ぎはでます!しかし、当然マイナスもン十万円は出ているので、相殺したらしょぼいもんです。下手したら損切り慣れしているので、「今日はマイナスでも明日取り返そう!」って気持ち切り替えしてとことんマイナスを生み出す事が多いと思われます!ま、これは2年ほど前の私です(´・ω・`) トレードなんて回数重ねれば重ねるほど、手数料も取られるし、損切にこなれてきてしまって「勉強代だと思えば安いもんだ」などと割り切ること覚えてしまいますw ですので、下手な回数積み重ねなんて必要ありません。結局は「バリュー投資」が1番稼ぐことのできる投資方法だと思います。

バリュー投資

現在の株価がその企業の利益水準や資産価値などから判断して割安にあると考えられる銘柄を買い付ける手法。多くの場合、株式の個別銘柄の代表的な投資尺度であるPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などを用いて判断し、これらの数値の低い銘柄を買い付けます。

ちなみに、私の親戚には金持ち家族が2組います。株式投資をしています。ただ、双方ともスタンスは長期保有で投資は専業ではありません。リーマンショックの時はさすがにやばかったと言いますが、損切りなどはしなかったそうで、ずっと持ち続けたそうですよ!私がその家族の前でスイング投資をしている時に、「どうしてそんなに動かすの?」と不思議そうな顔して聞かれました。私は「長期より儲かるのが早いから。〇〇(金持ち親族の名前)はどうやって株式投資しているの?」と聞くと、「僕は動かさないよ」とだけ言われました。そして、今やその親戚は豪邸に住んでいます。

ただ、注意点があります!知人でJALにご年配のご夫婦が400万円預けて、優待を楽しみにしていた方がいるのですが、JALは2010年赤字を垂れ流し続けながら経営を長年続けた結果、会社更生法で破綻しています。当然その400万円は紙くずとなってしまったわけです。これは、いくらなんでも危機管理能力なさすぎですよね! やばそうな会社には「疑義注記」が四季報にかかれているし、さっと四季報を見れば財務状況はわかるはずです。ということで、長期保有を決めたら決して動かすな!取引をするな!と言いたいのではなく、きちんと四半期決算ごとに経営状況確認して、長期保有し続けることでメリットを享受できる会社であるかは確認しましょう!

結論として、取引回数を重ねるからと言って株式投資がうまくなり稼げるようになるというのは間違いです。優良な企業を適正な価格で購入し保有し続けることがより多く稼ぐ事ができる方法なのだと私は思います。断言したいけど、あと1807日後にGNIで1000万円達成できてたら断言させてくださいw 何度も言いますが、その際は「ほ~らねwwwwww」と言わせていただきます!!w

【株式投資の嘘】①1000回取引すれば上手くなる!!は嘘?!のタイトルでお送りした第1回目。しばらくはこのシリーズを書いてみようと思います!というのも世の中に出回っている株のハウツーには異論を唱えたいことが山のようにあるからですw もちろん私も偉そうに「株式投資の成功の秘訣」なんて題して書いてますが、ただの憶測ですので決して鵜呑みにせず、自己判断で株式投資はしてくださいね!

 

ウォーレン・バフェット「私自身は投機は成功しないと思っている」

私もー!!w


 

 
※注意事項※ 投資は自己責任です。私のブログは株式投資やGNIへの投資を勧めるものではなく、またGNIの株価を保証するものではございません。

【私のこと】貯金40万円を信用取引を使って2000万円にした時の話

 

 

私の株式投資はリーマンショックの翌年の2009年あることがきっかけ(後日書きます)で始めることになり、当時は29歳で始め、株式投資歴約10年前になります。あ、年齢バレたw 現在39歳です。もう四捨五入で40歳ということにしてくださいw家が欲しかったので、頭金として230万円貯めていたものを全て株にぶっこみましたw

 

最初の数年間は取引すれどほとんど利益なんてなく、最初の1年目(2009年)は20万円、2年目(2010年)はマイナス3万円、3年目で一旦長期保有分をほとんど利益無しで売却し、家を買う為に全額頭金にするため株を辞めます。しかし、家を買って安心したのか、またムクムクと株への意欲(中毒)が湧き、初めて信用口座を開設し、家を購入してから4ヶ月で40万円貯めたので、そのお金を再び株の世界へぶっこみましたw 信用取引は30万円の現金がないことには始められないので、40万円必死に貯めましたw そして、当初はそのお金を3DMにつぎ込んだり、GNIなどバイオに集中して投資(スイング)するようになりました。そんなおり、掲示板で「カイオム・バイオサイエンス」を知りました。そしてその掲示板を覗くと凄い事が書かれており、自分でも調べまくって、長期保有をしてみようと思いました。当時は分割前で900円台でした。なので、信用取引では40万円の3倍のお金を使って買えたので、キリ良く1000株を保有。90万円相当ですね。当時はホント怖いもの知らずでしたw 最初の数週間は音沙汰なく、やはり上下を繰り返していました。そして運命のときが来ました。IRが出たのです。するとエンジン点火、瞬く間に株価は倍近くになったのです。(ストップ高が続いたのかな?詳細は忘れました)そこで一旦売却し、株価が下がった時に次は利益ごとブチ込んで2000株近く保有しました。すると矢継ぎ早に新聞やらIRやら出まくって、3ヶ月ほどで利益500万円突破。その時、ちょうど年末を迎えようとしていたので家族から電話があり、「とんでもないことになってる」と報告した覚えがあります。

 

その後はとにかくビビりまくって売買を繰り返していました。そして、翌年(株投資5年目)にはついに2000万円の利益を達成したのです!ただ、この時の乱高下のものすごい事!w 2000円→4000円行ったと思ったら3000円付近まで下落し、といった嵐の中で1年ほどを過ごした覚えがあります。もちろんそんな波に耐えられるはずもなく、売買を繰り返しての2000万円です。しかし、もし、最後に2000株を保有した際に、じっーっとしていれば、最大で4000万円近くの利益を弾き出すことができたのです!長期のはずが、ビビり過ぎてスイングした事で利益は半分になったわけですw  そしてカイオムがいよいよ20000円台に突入しようとした時、もうそろそろバブルは終わるだろうと虫の知らせで撤退します。その後、案の定株価は大暴落。経験上、多くの株は区切りのいい数字がいつも難所だったりします。例えば1000円とか2000円1000円単位とかが突破しずらい壁になりがちな傾向にあるように思います。結局、現在のカイオム・バイオサイエンスは私が最初に保有した時の価格帯まで長い年月をかけて戻っています。

 

これが私の株人生最大の出来事です。人生を大きく変える出来事にもなりました。宝くじなんて自分は絶対あたらないと思っていたら、当たった感じです。夢のような出来事でした。

ではその2000万円どうなったの?もうほぼ、原型をとどめていませんよw 2000万円の利益のあと、日経が1300円ほど大きく暴落した際、スイング用に大量に買っていたいろんな銘柄が一気に下がり、500万円が一気に減りましたw あと「源泉徴収あり」で口座登録していなかったので、確定申告に行くと、所得税10%かかるのははわかっていたのですが、仕事を辞めていたので申告したことで国保にまで影響が出てしまい、年間70万円近くを2年間(計140万円ほど)払うことになりました。後は車(軽自動車)と土地(畑)を購入し、家族に数百万円送金し、株でさらに数百万負け続け、手元には300万円ほどしか残りませんでした(´・ω・`)ショボーン 一つ後悔は2000万円の利益を出した時に、株なんて辞めてマンションの部屋でも買って安定収入を図るようにシフトすればよかったのです! 元々、40万円で株を再スタートする時に「目標1500万円でマンションオーナーになる!」という目標を掲げていたのに、ど忘れしていましたw

そんなこんなで現在に至るわけです。もう遠い記憶過ぎて、なんか時系列やら株価がおかしかったらすみません。

いつかまたこんな事が我が身に起きるなら、世界一周旅行に行きますw


 

 

【独り言】私が株式投資で1番嫌いな事→「持たざるリスク」

 

こんにちは\(^o^)/

今日は昨日の続きになりますが、「持たざるリスク」がいかに辛いものだったかを過去の経験から少し独り言言いますw

思い出されるもので1番悔しかったのが、ブランジスタという企業ですかね。ずっと信じて保有してきたのに、狙っていたBIGIRがなかなか出ずにいて、株価も下げたりで諦めて手放した2日後くらいにIR出ちゃいました。もう買うことができず、最終的にそこは買値の10倍近くにはなったのかな?当時は株専業で生活していたので、投資額も数百万円はゆうに超えていたので、保有し続けていれば数千万円くらいにはなったかもしれません。もちろん、取り逃し銘柄なんてブランジスタだけにはとどまりませんよ。そんな悔しい思いをした銘柄は当時数知れずありました。ただ、手放した途端にIRが出てしまうという経験はブランジスタが初めてです。それまでは数ヶ月ずっと保有していたんです!!w

さらに、その時くらいからなかなかテンバーガー銘柄というものを発掘するのが難しくなっていて、私はブランジスタ以降テンバーガー銘柄を発掘できていません。以前より簡単にテンバーガーに到達する銘柄が少なくなっているように思います。その理由というのが日本全体や世界を動かす革新的な技術や発明が今は出ていないからかもしれません。例えば数年前は「4KTV」「スマホ」「ネット決済」「指紋認証」「自動運転技術」「IPS細胞」ブランジスタでいうと「秋元康」など、今となっては当たり前の技術などが以前は画期的だったため、関連銘柄の多くが短期間でいとも簡単にファンダのみで上がっていたように思います。それなら、もう今は株でテンバーガーは目指せないの?となった時、私にはGNIが株式投資で最後のテンバーガー候補なわけです。

その後、GNIの動きをずっと観察し続け、3000円以下になるときがあるだろうからその時に買おう!と決意し、じーっと待ち続け、ようやく下がってくれたので保有することができました。

その後、3ヶ月ほどで、分割にこぎつけたGNIですが、私は資金の都合で手放す事になり現在に至ります。まだGNIを保有することは諦めていませんが、もしかするとF351は第三相臨床試験が意外と普通の期間必要なのではないかと予想しています。

それではまた(・∀・)

持たざるリスク

私が株で1番嫌っているリスクです。


 


※注意事項※ 投資は自己責任です。私のブログは株式投資やGNIへの投資を勧めるものではなく、またGNIの株価を保証するものではございません。

【結果報告】株式投資で勝つには技術ではなく精神力!!

本日(2019/06/07金)の保有株の状況→含み損益-77,643円

 

 
こんばんは\(^o^)/

本日、IRが来るのではのドキドキ上げでしょうか、少し上げましたねw

おいおい、GNIの実力ってこんなもんなのか?!って??いやいや、今の株の世界なんてこんなもんでしょう!!皆さん、アベノミクスの爆上の余韻がまだ忘れられないんでしょうね。えっと、私もまだあの頃の勢いが忘れられず、このジリ上げはまだ慣れませんw ただ、ジリ上げには慣れませんが、マイナスを見るのは慣れましたw

とにかく材料出ないことには何も始まらないので、それまで待機は仕方ありませんね!私が株式取引の中で最も嫌な事態というのが、手放した途端にIRが出るというパターンです。次の手放した途端、IRがでて、寄り付きからストップ高連発して買えなくなったという経験が何度かあり、本気で涙を流した過去があります。

この件はまた明日の投稿でちらっと書いてみようと思います。とにかく、そういった経験を踏まえ、株で涙を流す時というのは、私の場合ですが「持たざるリスク」を目の当たりにしたときで、ショック死レベルですw 含み損なんて一度200万円分の株が含み損100万円出していた事もありましたが、ちっとも涙も出ず、信じていた銘柄ななだけに悲しくもなりませんでしたw

というわけで、この度のマイナス10万円なんて可愛いもんですよねw 過去のこういった経験があるから含み損への忍耐力は経験していない人よりあるかもしれません。株式投資で勝つには技術ではなく精神力が全てだと思います!もちろん四季報読めるくらいの基礎知識は必要ですがw

とりあえず今はGNIをノンポジでいることの方が怖いので、保有できてる自分を褒めてやりますw

それでは、また明日(・∀・)

 

ウォーレン・バフェット「信頼できるもの、そして10年、20年、50年経ってもみんなが欲しいと思うものをつくっていく事業なのか。これらが、私が投資判断するうえでの基準であります。それについて、見方はまったく変わっていません。」

これって、GNIがしっくりくるwww


 


※注意事項※ 投資は自己責任です。私のブログは株式投資やGNIへの投資を勧めるものではなく、またGNIの株価を保証するものではございません。

【独り言】GNIの海外子会社が4/18に香港証券取引所メインボード市場に上場申請した件について…

 

こんばんは\(^o^)/

早速ですが、4/18日にGNIの海外子会社である北京コンチネント・ファーマシューティカルズ社が香港への上場の申請書を出していますよね。私はこれが今1番の楽しみです!

そして、今日、他社の香港上場に関してですが、ヤフー掲示板でなんだか興味深い事が投稿されていました。ソースを探してもなんせ英語でいちいち翻訳機能で探すので時間がかかるし、どこ見ていいかわかんなーい!ということで、簡単に見つけることができた情報のみ書きます。

ハチソン・チャイナ・メディテック

 という会社が2019年4月15日に香港証券取引所へ上昇の申請をしていたそうです。これはHPでも確認できました。すなわち興味深い内容というのが、その結果が今日の掲示板にかかれていたのです。本当なのかどうなのかがわからす、ソースを探しても「調べ方わっかんねー」ということで、内容は書けませんので、ヤフー掲示板を見てみてくださいw
GNIは2018年4月18日に申請しているので、もし上場するなら4月18日から3ヶ月から6ヶ月ほどかかるかなぁと予測しています。これはネットで香港上場までの過程が書かれた図を見つけたのでそう思っただけで、実際はどれくらいかかるのかは皆目検討も付きません。でも、私の読みどおり、もし上場が最短3ヶ月で、7月18日が上場日となると仮定すると、それより前には上場決定のアナウンスがあるのではないかと思います。なので、もし仮に7月18日を上場日とするなら公募をする時間も要するので1ヶ月ほど前には申請通過のアナウンスがどこからか出るのではないかぁと予測しています。なので、そろそろGNIの申請通過の報告が来ないかなぁなんて思っています!
今回私がここを長期保有したいと思った理由の一つが「香港上場」なので、是非とも早期に上場を果たして欲しいなぁと思います!一体、子会社コンチネント社は上場した際いくらの時価総額になるのでしょうか?考えるだけでワクワクします。
では、また明日(・∀・)


 

 

追記:東京電力株の件はまた後日書きますw

【結果報告】株価操作狙うあおり投稿抽出、SNS監視強化って、売り煽りも捕まえてー!!

本日(2019/06/06木)の保有株の状況→含み損益-83,712円

 
 

こんにちは\(^o^)/

昨夜は睡魔に襲われブログ書き込み途中で寝落ちw

今日も下げましたねwこの2日間地合いはよかったのですが、下げ続けましたね。となると、しばらくは下げる続けるのがGNI。もう仕方ないですね!

それにしても、この超優良企業現在の時価総額が370億円台とはいったいどういうことでしょう?w今後、2020年12月には90億円の売上が予想されるGNI(四季報情報)。おそらくこれはアイスーリュイだけ単体の売上のことだと思いますが、今後アイスーリュイは適応症の拡大も枠を広げているので、現在挙げられている適応症への治療薬として全てが無事確立されていけば、売上規模は数百億円~数千億円はくだらないのではないでしょうか?GNIほどバリュー投資に向いている企業は私の中では見当たらず、目標は5年としていますが、10年も経てばもしかすると株価は数十倍はくだらないような気がします(という夢です)。ほんと悲しい現実ですね(;_;)

そうそう、最近

株価操作狙うあおり投稿抽出、SNS監視強化 金融庁

2019/6/5 1:31

金融庁は市場での不正な取引を摘発するため、SNS(交流サイト)の監視を強化する。人工知能(AI)でやりとりを解析し、投資家をあおるような投稿で株価をつり上げ、自ら高値で売り抜けるような行為をあぶり出す。ネット上の投稿の監視はこれまで人が主体だった。AIで膨大な情報に網をかけ、投稿と株価の情報を効率的に結びつけることで不正の迅速な摘発につなげる。

引用元:日本経済新聞

なんだか「煽り投稿」が曖昧過ぎて、希望や憶測を下手に書くのが怖くなりますねwといいますか、どのみち自分で調べもしないで書き込みのみを信用して、自身で企業を調べないような人は株式投資には向いていないでしょう!

ただ、これだけは私も言いたい!w

SNSには沢山の投資家が参加しているので、投機家や機関がファンダを利用してスイング投資をするにはもってこいだとは思います。GNIが上がらないのもなんだか、SNSへの投資家の売り煽りや買い煽りの過剰な書き込みが原因の気がします。あまり書き込みがない銘柄のほうが、純粋に企業に思い入れを持って購入した人が多く、じっと持っていて、売り機関も参加し辛いイメージがあります。

説明が難しいのですが、過剰な書き込みで期待値が上がる→新参者続出→出来高上がる→機関が「よしきた!」で空売りする→株価がすぐに上がると思っていた新参者ビビって早急に手放す→株価下がる…みたいな?wあー、説明がし辛い!w 過剰な書き込みでファンダを機関に読まれまくって個人投資家が手のひらで転がされているという気がするのです。なので、SNSへの過剰投稿は身の保全のためにも、応援している企業のためにも過剰な投稿は控えたほうが良いのではないでしょうか?

私はGNIに迷惑がかからないように、SNSにはあまり書き込みはせず、こうしてほそぼそとブログを綴っているわけですw SNSも数日に一回程度しか今は見ていません。特に出来高が閑散としている時や下げた時は見ません。士気が下がる投稿しかされていないのが現実です。有力な情報などほとんど皆無です。

じゃあ、なんの為にブログなんて書いているの?となりますねよ。ほそぼそとブログを綴り続けることで、数年後、信じている株価になったとき「ほ~らね」と自慢したいだけなのですw その時にはこのブログをまとめて、著書にしてもいいですねw まぁ、あとは書き続けることでずっと気持ちを高めておきたいのです。

また、取り留めのない事を書いてしまいましたが、この先もこんな感じの思ったままの事を書きますのでご了承くださいw

追加の東京電力株についてはまた深夜にでも書こうと思っています!

 

それでは、また(・∀・)

 

ウォーレン・バフェット「会社のために働いて損害を出すのは理解できます。しかし、会社の評判をすこしでも損ねたら容赦しません」

皆様、SNSでの書き込みはほどほどにしましょうねw 書き込みによって株価が下がるようなら、評判を少しでも損ねることと同じです!GNIを温かく見守っていきましょう!有力な情報掴んだ人は是非お願いしますw


 


※注意事項※ 投資は自己責任です。私のブログは株式投資やGNIへの投資を勧めるものではなく、またGNIの株価を保証するものではございません。